読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エロゲーを愛しすぎた男のゲーム攻略・レビュー

ゲームの攻略やレビューを書いていきます。個人的嗜好のためエロゲーの話がメインで,一般ゲームの話は少ないかも。

『千の刃濤,桃花染の皇姫』感想・攻略

f:id:yoya-g:20170318162651j:plain

  • メーカー:オーガスト
  • 発売日:2016年9月23日
  • 総プレイ時間:23時間(個人差があります)
  • 属性:ストーリー重視,雰囲気が良い,主人公が強い,演出が光る

 

総評 A+

オーガストの作品は『穢翼のユースティア』以来だったのですが,すごく雰囲気の良いゲームですね。ユースティアはストーリーが重すぎて途中で積んでいる状態なのですが,『千の刃濤,桃花染の皇姫』(略称:千桃)はシリアスなストーリーながらも決して重すぎず,気持ちよく世界観に浸れる名作でした。

 

話は,『皇国』(どことなく昔の日本っぽい雰囲気を醸し出す国です。主人公たちはこっちサイド)が『共和国』の侵略を受けたところから始まり,主人公たち『武人』(侍っぽい感じのカッチョイイ人たち)が,皇国を取り戻すために戦うという流れになっています。分類としては戦争物になるのかな?

とにかく出てくるキャラたちが皆カッコイイんです!武人たちはもちろん,敵サイドであるエルザも一本筋の通った人で,見ていてスッとします。

 

基本的に一本道のストーリー展開で,途中途中でサブヒロイン(4人)の個別シナリオに分岐する形となっています。『G線上の魔王』と似た感じですね。

どのヒロインも選ばないと,メインヒロインである朱璃ルートに入って全てに決着が付きます。

やはり朱璃メインのストーリーなんで,他の4人のシナリオは短いです。

しかし,どのヒロインも可愛くて格好良くて,素晴らしいです。何より主人公が硬派で強いのが良いですね!

 

総評としては,ストーリーや世界観がしっかり作られていて,主人公を含む全てのキャラが魅力的に描かれていたので,A+評価としたいと思います。

主人公が強い系が好きな人や,少し重めの雰囲気を楽しみたい人なんかにオススメです!

 

シナリオ A

呪術によって長い平和を保っていた皇国は,ある日,宰相小此木の裏切りにより共和国の侵略を許してしまう。皇国の守護者である武人たちは必死に抵抗するも,結局は共和国の勝利に終わる。武人の一人である主人公,鴇田宗仁は,皇国の姫君である桃花染皇姫(後の朱璃)を逃がすために大量の敵と戦い,激しい戦闘の後遺症で記憶を失ってしまう。

月日は流れ,共和国により統治された皇国。圧政に苦しむ皇国民と,皇国を取り戻そうと画策する武人たち。記憶を失った宗仁は,武人の棟梁である(ほとり,と読むらしい。読めん)による介護を受けながら,武装蜂起の日に備えていた。

一方,皇国の姫君朱璃もまた,逆臣小此木を討つため独自に修練を積み,首都に乗り込む。そこで,宗仁と運命の再会をして,物語は進んでいく――。
 

とまぁ,そんな感じです。かなりシリアスなストーリーですが,ユースティアとは違い,ガンガン人が死んでしまうということもなく(死ぬ人は死ぬけど),非常にバランスのとれた良いシナリオだったと思います。

作品全体の雰囲気も,和と洋が上手く織り交ぜられていて,気持ちよく浸れる出来でした。ラストバトル後に宗仁が生き返るのは,ちょっとご都合主義っぽかったきらいがありますが,まぁ……あのままじゃ後味悪いんで,個人的にはあれでよかったと思います。

 

キャラクター A+

クリア順は,選択肢が発生した順に「奏海エルザ古杜音朱璃」と素直にやるのがオススメです。各選択肢で,サブヒロインを選ぶような方を選択するとそっちに分岐します。ただし,分岐後のシナリオは短いです。ぶっちゃけ,一発ヤッた後は「なんやかんやで上手くいきました。END」という感じでブン投げて終わります(笑)

やっぱり,黒幕の正体もわかってラストバトルまでやる朱璃ルートが一番面白いですね。

ちなみに誰か一人をクリアすると,『余談』から追加で3人のサブヒロイン紫乃睦美小柚の話が見れます。私は特に興味なかったので見ませんでした。お気に入りのキャラがいれば見てみてはどうでしょう?

 

以下,各キャラについて。

 

・稲生 滸(いのう ほとり)

f:id:yoya-g:20170318174654j:plain

記憶喪失となった宗仁を甲斐甲斐しく世話していた女の子。皇国でもトップクラスに影響力の高い稲生家現当主です。宗仁とは皇国が侵略される前からの友人らしいので,幼馴染ポジに近い感じの娘なんでしょうね。

序盤は,敗戦し会長だった父を失い,奉刀会(武人たちによるレジスタンス的な集まり)会長となった彼女がいかにして頑張っていくかという話になります。ここら辺は一応共通ルートになっていますが,ぶっちゃけもうここが彼女の専用ルートっぽい話になってます。なにしろルート分岐後は,ヤることヤッたら速攻モノローグで終了してしまいますから。

物語序盤で分岐してしまうので仕方ないのかもしれませんが,あまりにも話が短くて印象が薄くなってしまった感が拭えません。可愛い子なのに……

彼女は,武人の中でもトップクラスの実力を持っており,男勝りな性格でありながら,奉刀会の活動資金のためにアイドル活動をしたり,朱璃に嫉妬したりと乙女チックな一面も見せてくれる,ギャップ萌え美少女でした。

 

鴇田 奏海(ときた かなみ,翡翠帝)

f:id:yoya-g:20170318180646j:plain

裏切りの宰相小此木に祭り上げられた傀儡皇帝(翡翠帝)です。実は主人公の義妹です。義妹です。(重要な事なので2回言いました)

皇国敗戦後,軟禁状態となって帝宮で暮らしていましたが,兄宗仁の生存を知りあの手この手でメインストーリーに絡んできます。

「お兄様のためならなんだってします」と豪語する彼女に傀儡皇帝などという呼び名はふさわしくありません。君には『暴れん坊将軍』の異名を授けましょう。

若干ヤンデレの素質を感じなくもありませんが,基本的には強かなだけで,素直ないい子です。エルザとの掛け合いは和みました。

 

エルザ・ヴァレンタイン

f:id:yoya-g:20170318181221j:plain

本作攻略対象ヒロインの中で唯一敵サイドの女の子。共和国総督の娘にして共和国軍人のエリートです。

さすがは共和国人。このむっちりとした肉付きは皇国民にはないものです。いいね!君はホットパンツを履くべきだ

個人的には,古杜音に次いで2番めに好きなキャラです。ホットパンツを履いていたら一番好きなキャラでした。

 

この娘は,もうとにかくカッコイイ!

本作のヒロインは皆,自分の信念を持っていますが,エルザはその中でも際立っています。まさに鋼の乙女。

父親は「戦争はビジネスだ」とか言いながら何の罪もない皇国民の町に空襲を仕掛けたりしますが,エルザはこれに真っ向から反発。身を挺して皇国民を守ります。超カッコいい!エルザちゃんマジ軍人。

 

椎葉 古杜音(しいのは ことね)

f:id:yoya-g:20170318183154j:plain

この前かがみでおっぱいを強調する姿を見て欲しい。天使だよ。

古杜音を一言で表すなら,おっぱいです。おっぱいは癒やしです。すなわち古杜音は癒やしです。古杜音 is エンジェル!

私は,おっぱいよりはお尻派ですが,彼女はヤバかったです。一目惚れしました。献身的で芯が強くておっぱいな天使になんて勝てるわけないんです。彼女の呪術でなぶり殺しにされたい。おっぱい!おっぱい!

 

二千年前から王家に仕えてきた巫女一族の末裔で,幼少の頃から厳しい修行を積んで来たエリート巫女です。本人はポンコツ巫女だと言っていますが。

明るく奔放な性格でポジティブ思考。結構ひどい目に合ってるのに闇落ちしませんでした。育ちの良さがにじみ出ていましたね。

個人的に一番のお気に入りです。

 

宮國 朱璃(みやぐに あかり,桃花染皇姫)

f:id:yoya-g:20170318184415j:plain

本作のメインヒロイン。

敗戦後,逆臣小此木に対する復讐心のみで強くなった復讐系お姫様。最初は,とにかく復讐復讐でちょっとウザいと思っていましたが,彼女の皇族としての信念とかを知ると,まあ仕方ないのかなと感じました。

小此木が死ぬ際,その本当の思惑を知ってからの彼女は,徐々に皇帝としての素養に目覚め,最後には復讐者としてではなく一国民として皇国のために身を捧げる様に改めるという,メインヒロインにふさわしい貫禄を見せつけてくれました。

 

彼女はとある事情で涙を流せない,というか涙が桃の花びらに変わるという体質なのですが,ラストバトル終了後,宗仁のいなくなった世界で人知れず桃の花びらを流すシーンは一見の価値があります。とても美しい演出でした。

 

鴇田 宗仁(ときた そうじん,主人公)

宗仁先輩,マジお疲れ様でした。

いやぁ,本作はヒロインたちが皆良かったのもあるんですけど,主人公の性格も良かった!エロゲーにありがちな,「なんでモテるのかわからない」とか「鈍感すぎてイライラする」あるいは「俺強えーがウザい」なんてことがなく,まさに質実剛健という男でした。声もイケボだったし。

 

彼は,実は皇国の始祖様が呪術で作り出した生体兵器なのですが,よくもまぁ二千年も戦ってきたなぁと。本当にお疲れ様でした。

『ミツルギ』としての人格は,向こうの世界で始祖様とよろしくやっていることでしょう。 

 

CG A+

総CG枚数は109枚で,どの絵も非常に綺麗です。

キャラデザはいつものべっかんこうですね。

各キャラにつき濡れ場は一つだけなんで,オカズとしての実用性は低いです。ま,そういうゲームじゃないしね。

 

このゲームは特に演出に力が入っています。E-moteとかは使っていないはずなんですが,とにかくよく動きます。非常に良く出来た作品だと思います。

 

声 B+

特筆すべき事はなかったと思います。皆キャラに合っていて,演技に関しても問題はありませんでした。

ただ,主人公がイケボだったこと以外に印象に残っていることもないので,B+評価で。

 

音楽 A

ややダークでクールな感じの曲が多かった印象です。ゲームの内容によく合っていました。

OP曲は,和風で格好良い雰囲気の音楽で割りと好みです。

www.youtube.com

 

システム A+

機能が豊富でエロゲーにしておくのがもったいないくらいです。

ジョイパッド対応,タブレット対応,ジェスチャー対応と至れり尽くせりです。さらには,セーブデータのインポート・エクスポート機能までついていました。

 

エロ C

 まぁ,女の子とのイチャイチャを楽しむようなゲームじゃないしね……

一応各ヒロインに一つずつエロシーンがあります。

 

まとめ

強くて格好良い主人公。芯の強い美少女たち。戦争と,その中でいかに生き,何を成し遂げるのか。

なかなかメッセージ性の高い名作です。

オーガストの作品は久しぶりにやりましたが,やはり大手は違いますね。積んでるユースティアももう一回やってみようかな。

 

f:id:yoya-g:20170318194607j:plain

 

攻略

正直,攻略情報なんていらないと思いますが,一応。

 

稲生 滸

  1. セーブ01
  2. 滸に同行する
  3. 滸 END

鴇田 奏海

  1. セーブ01から
  2. 朱璃に同行する
  3. セーブ02
  4. 奏海の情熱に応えるのも義兄の務め
  5. 奏海 END

エルザ・ヴァレンタイン

  1. セーブ02から
  2. 皇国再興のためだ,とやかく言うまい
  3. セーブ03
  4. 夜鴉町へ急行する
  5. エルザ END

椎葉 古杜音

  1. セーブ03から
  2. 自分の責務を全うする
  3. セーブ04
  4. 古杜音を無駄に傷つけたくない
  5. 古杜音 END

宮国 朱璃

  1. セーブ04から
  2. 古杜音が提案した方法には効果がない
  3. 朱璃 END

※誰か一人攻略で『余談』解放。おまけシナリオが見れます。